不妊治療は体力と時間の戦い、さらに治療費の戦いともいわれます

なぜでしょう。

不妊治療は、長期にわたる治療が見込まれます。

また、不妊治療の方法によって、かかる費用も大きく異なりますが、妊娠するまでに、繰り返し治療するため、治療費が加算でいくのです。

 

では実際、不妊治療に年間どれぐらいの費用が必要なのでしょうか?

そこで、不妊治療に必要な年間費用、また、不妊治療費を抑える方法についてお話します。


<目次>
・不妊治療に必要な年間費用は?

・不妊治療費を抑える方法とは?

・病院で不妊治療を診療する前に!

不妊治療に必要な年間費用は?

不妊治療に必要な費用は、不妊治療の方法によってかなり変わってきます。

不妊治療は大きく分けて一般不妊治療と高度不妊治療に分かれます。

一般不妊治療は、卵管を利用した治療法で、まず最初の治療として、タイミング法からはじめていきます。

タイミング法は、経膣エコーにより卵胞径の計測や尿中LH検査などを行うことで、排卵日をより正確に推測し、排卵日前後に夫婦生活を持つように医師がアドバイスするものです。

タイミング法で結果が伴わない場合は、薬物療法も交えて治療していきます。

一般不妊治療法の年間費用は、約10万~20万ぐらいでしょう。

 

次は、高度不妊治療ですが、タイミング法などで、なかなか妊娠にいたらない場合や、不妊治療の検査で、何らかの異常がある場合などは、高度不妊治療を行います

高度不妊治療は、人工授精や体外受精といった高度な技術によって妊娠~出産までサポートする治療です。

保険適用外ですから、多額の費用を要します。

人工授精など、回数によって費用は異なりますが、平均すると約30万~100万以上の費用がかかります。

 

不妊治療といっても、様々なケースがあります。

また、治療内容や費用もまちまちです。

生活環境や財布などを考え、かかり付けの医師と相談して、ベストな選択をしてください。

では次に、不妊治療費を抑える方法についてお話します。

不妊治療費を抑える方法とは

不妊治療費は、治療内容によりますが、多額の費用がかかります。

費用面で不妊治療をあきらめる方も多いようですが、最近、各自治体で特定治療支援事業として、不妊治療を軽減するために、助成金が支払われています。

この制度を利用すれば、不妊治療費を抑えることができます。

年齢や各市町村によって、援助の内容が異なりますので、お住まいの自治体に相談してください。

 

また、病院で不妊治療を診療される前に、一度、妊活サプリメントの服用を試みてみませんか?

サプリメントと思われますが、結構サプリメントを服用して、喜びを得られて方は案外に多いようです。

そこで、オススメの妊活サプリを紹介します。

病院で不妊治療を診療する前に!

病院で不妊治療を診療する前に、妊活サプリメントの活用を試してみたはいかがでしょうか?

妊活サプリメントでおすすめなのが、40代の方に時に評判の良い妊活サプリ「ミトコア300mg」です。

「ミトコア300mg」は、40代のから始まるミトコンドリアが減少を補うためのサプリメントです。

ミトコンドリアが減少すると、卵子も精子も成長しにくくなります。

卵子や精子が成長しにくくなるというのは、受精しにくくなるといことです。

もっと詳しく「ミトコア300mg」について知りたいなら!

こちら→「なぜミトコア300mgが40代の妊活サプリに選ばれるのか?」





このページの先頭へ