一般不妊治療は、不妊治療で最初に行う治療です。

一般不妊治療は、体内で受精する治療をいい、代表的なのが、タイミング法と人工授精です。

最初は、タイミング法で不妊治療を行い、結果がでない場合は、人工授精に移行します。

では、タイミング法や人工授精の治療ってどういった治療なのでしょうか?。

また、費用はどれくらい必要なのでしょうか?

そこで、タイミング法と人工授精について調べましたのでお話します。


<目次>

・一般不妊治療のタイミング法にかかる費用と内容は?

・一般不妊治療の人工授精にかかる費用と内容は?

・病院で一般不妊治療のを診療する前に!

一般不妊治療のタイミング法にかかる費用と内容は?

では、一般不妊治療のタイミング法にかかる費用と内容についてお話します。

一般治療のタイミング法は、排卵に合わせて性行為をする方法で、不妊治療におけるもっとも初期段階で試される方法です。

タイミング法の受診回数は少ない場合で、初診、排卵日予測、排卵確認の3回です。

タイミング法は保険適用となるため、1回あたりの受診料は2,000~3,000円、1周期で1万円程度という病院がほとんどです。

1回で妊娠に結びつけばいいのですが、そううまくいかないようです。

患者さんによっては、卵の成長が遅い人や、不規則な人には、排卵日を見誤らないように何度も通院をして検査をする必要があるようです。

また、自然に排卵するのを待つのではなく、排卵誘発剤を使用することもあります。

排卵誘発剤には内服薬と注射がありますが、内服薬の場合1周期分で500円程度、注射であれば1回1,000円前後で済みます。

タイミング法はどのくらいの期間行うべきなのでしょうか?

タイミング法を何回行うかは年齢や希望にもよりますが、一般的には6周期が目安です。

不妊因子のないカップルが排卵時期を狙って性行為をした場合、89%の人が6周期までに、99%の人が12周期までに妊娠したというデータがあります。

 

では次に、一般不妊治療の人工授精にかかる費用と内容についてお話します。

一般不妊治療の人工授精にかかる費用と内容は?

一般不妊治療の人工授精にかかる費用と内容についてお話します。

一般不妊治療の人工授精は、タイミング法と同じく、経膣エコーにより卵胞径の計測や尿中LH検査などを行います。

排卵日をより正確に推測し、排卵日前後に精子を洗浄・濃縮し、子宮の中に直接注入する方法です。

タイミング法と異なるのは精子がでる場所です。

タイミングでは膣の中に精子が射出されるのに対して人工授精では子宮内に精子を注入します。

これにより、授精の場所である、卵管の先端まで、元気な精子が到達しやすいいため、受精の確率が上がるのです。

 

では、人工授精はどれくらいの回数で妊娠するのでしょうか?

1回の人工授精で妊娠する方もいますが、数回行うのが現状です。

通常、人工授精で妊娠される方は5〜6回の人工授精で妊娠されます。

それ以後は、なかなか妊娠することが難しくなるため、体外受精へのステップアップを検討するようになります。

 

費用としては、人工授精は、保険の適応ができないため自費診療となります。

1周期目が20,000円~25,000円ぐらい。

あと、2周期目以降に1回、約24,000円~26,000円かかります。

人工授精で妊娠される方は、5~6回目が目安となりますから、約20万の治療費がかかることになります。

 

また、病院で不妊治療を診療される前に、一度、妊活サプリメントの服用を試みてみませんか?

サプリメントと思われますが、結構サプリメントを服用して、喜びを得られて方は案外に多いようです。

そこで、オススメの妊活サプリを紹介します。

病院で不妊治療を診療する前に!

病院で一般不妊治療のを診療する前に、妊活サプリメントの活用を試してみたはいかがでしょうか?

妊活サプリメントでおすすめなのが、40代の方に時に評判の良い妊活サプリ「ミトコア300mg」です。

「ミトコア300mg」は、40代のから始まるミトコンドリアが減少を補うためのサプリメントです。

ミトコンドリアが減少すると、卵子も精子も成長しにくくなります。

卵子や精子が成長しにくくなるというのは、受精しにくくなるといことです。

もっと詳しく「ミトコア300mg」について知りたいなら!

こちら→「なぜミトコア300mgが40代の妊活サプリに選ばれるのか?」





このページの先頭へ