不妊治療は、いつから始めたらいいのかわからない?

そんな方が大半でしょう。

世間では「赤ちゃんがほしくなったら始めればいい」といいますが、それでは遅いというのが専門家の意見です。

理由は、年齢を重ねるほど、卵巣は老化していき、妊娠できるの能力が低下していくからだそうです。

では、不妊治療はいつから始めればいいか?また、成功率が高い年齢はいくつなのかについてお話します。


<目次>

・不妊治療はいつから始めばいいの?

・不妊治療での妊娠の成功率が高い年齢はいくつ?

・1年間通常の性生活をしても妊娠できかったら!

不妊治療はいつから始めばいいの?

不妊治療は、いつから始めばいいのかわかりますか?

ピンときませんよね。

よく、「結婚して3年経つんだけど、まだ赤ちゃんができないの」そろそろ不妊症かどうか検査した方がいいのかなって言っている人いますよね。

それって、とっくに不妊症で、不妊治療が必要なのです。

では、いつから不妊治療を始めばいいの?

実は、妊娠を希望し、1年間通常の性生活をしても妊娠できなければ、不妊治療が必要なのです。

へ!1年が目安なのって驚かれる方もいるでしょうが、専門家の意見はそうなのです。

1年間通常の性生活をしても、妊娠の成立がない方は、不妊治療を始めましょう。

では次に、不妊治療で成功率が高い年齢についてお話します。

不妊治療での妊娠の成功率が高い年齢はいくつ?

では、不妊治療で妊娠の成功率が高い年齢はいくつでしょうか?

やはり、年齢が若いほど、不妊治療での妊娠の成功率は高いです。

35歳を過ぎた頃から、徐々に不妊治療での妊娠の成功率は下がっていくようです。

このグラフは、体外で卵子と精子を受精させて受精卵を女性の子宮内に戻す体外受精をした方の治療成績です。

40歳前半には非常に妊娠しづらい状態になってしまいます。

またそれだけではなく、妊娠に成功しても流産になってしまう可能性も年齢と共に上昇していくのです。

平成29年9月に日本産科婦人科学会が発表した報告によると、平成27年度における体外受精実施数は424,151件で、そのうち出生に至った数は51,001人。

日本国内で生まれた赤ちゃんの約20人に1人に当たる出生数で過去最多となっています。

また成功率も11.7%と、平成22年度の11.2%よりも0.5%向上しています。

不妊治療はできるだけ早く、できるだけ若い時に行うようにしましょう。

 

結婚して、1年間通常の性生活をしても妊娠できなければ、一度、妊活サプリメントの服用を試みてみませんか?

サプリメントと思われますが、結構サプリメントを服用して、喜びを得られて方は案外に多いようです。

そこで、オススメの妊活サプリを紹介します。

1年間通常の性生活をしても妊娠できかったら!

1年間通常の性生活をしても妊娠できかったら、妊活サプリメントの活用を試してみたはいかがでしょうか?

妊活サプリメントでおすすめなのが、40代の方に時に評判の良い妊活サプリ「ミトコア300mg」です。

「ミトコア300mg」は、40代のから始まるミトコンドリアが減少を補うためのサプリメントです。

ミトコンドリアが減少すると、卵子も精子も成長しにくくなります。

卵子や精子が成長しにくくなるというのは、受精しにくくなるといことです。

もっと詳しく「ミトコア300mg」について知りたいなら!

こちら→「なぜミトコア300mgが40代の妊活サプリに選ばれるのか?」





このページの先頭へ