日本は、不妊治療を受けている患者数が世界第1位って知っていましたか?

しかし、その治療による出産率が世界最下位なのです。

日本における不妊治療は、まだ歴史が浅く、世界に比べて進んでいるとはいえません。

では、日本における妊娠率が高い治療法はどれなんでしょう。

どの治療法が妊娠の成功率が高いのでしょう。

そこで、妊娠の成功率が高い不妊治療法について調べましたのでお話します。


<目次>

・不妊治療には一般不妊治療と特定不妊治療がある!

・不妊治療で妊娠の成功率が高い治療法は?

・病院で不妊治療のを診療する前に!

不妊治療には一般不妊治療と特定不妊治療がある!

不妊治療には、一般不妊治療と特定不妊治療があります。

一般不妊治療は、タイミング療法、人工授精等、保険が効くものが一般不妊治療です。

特定不妊治療は、体外受精、顕微授精の保険が一切利かない治療です。

まず、最初に行う治療としては、一般不妊治療のタイミング療法から始めます。

タイミング療法は、排卵日を予測して、それに合わせて夫婦生活をとっていただく方法です。

タイミング法には、自然周期に行う方法と排卵誘発をした周期に行う方法の2通りがあります。

もし、タイミング法を半年間行っても結果が出ない場合には、人工授精へのステップアップ

人工授精は、は排卵日に細いチューブで精子を子宮腔内に注入する方法です。

内診台にて行います。

治療後は安静にする必要が特にありませんので、すぐに歩行して帰宅することができます

人工授精で妊娠される方の約90%は4~6回目までに成功します。

その回数を行っても結果が出ない場合には、特定不妊治療へステップアップすることが有効です。

特定不妊治療は、体外受精、顕微授精とありますが、医師によって得意不得意がありますから、その医師の指示に従って治療します。

では、不妊治療で妊娠の成功率が高い治療法はどんな治療なのでしょう。

次の項で、妊娠の成功率が高い不妊治療法についてお話します。

不妊治療で妊娠の成功率が高い治療法は?

不妊治療で妊娠の成功率が高い治療法ですが、不妊治療の種類により、妊娠する確率は異なります。

たとえば、1年以上自然妊娠しなかった夫婦がタイミング法により妊娠する確率は毎月5%未満といわれています。

また、人工授精の場合は、数%~10%とされております。

一方、日本産科婦人科学会から報告された2015年の全国統計によると、胚移植あたりの妊娠率は、新鮮胚移植の場合、体外受精で22.6%、顕微授精で18.9%、凍結胚の場合、33.2%となっています。

採卵したその周期に新鮮胚ですぐ移植するより、凍結胚を採卵の翌周期以降に移植するほうが、妊娠率は高くなります。

体外受精に代表される高度生殖医療は不妊治療の中でも、比較的妊娠成立の確率が高い方法です。

しかし、高度生殖医療の妊娠率を年齢別にみると、34歳以下と40歳以上では成功率に大きな差があります。

 

実際に、34歳以下で体外受精を行った場合の妊娠率は、日本産科婦人科学会の全国統計では、胚移植あたり約40%前後であるのに対し、40歳以上では10%台~20%強にとどまります。

体外受精で採卵を行う方のピーク年齢は40歳ですが、そのうち胚移植の段階まで行ける方のピーク年齢は39歳程度です。

卵子を採取できても、子宮に胚移植できない方は多くいるのが現状なのです。

病院で不妊治療のを診療する前に!

病院で不妊治療のを診療する前に、妊活サプリメントの活用を試してみたはいかがでしょうか?

妊活サプリメントでおすすめなのが、40代の方に時に評判の良い妊活サプリ「ミトコア300mg」です。

「ミトコア300mg」は、40代のから始まるミトコンドリアが減少を補うためのサプリメントです。

ミトコンドリアが減少すると、卵子も精子も成長しにくくなります。

卵子や精子が成長しにくくなるというのは、受精しにくくなるといことです。

もっと詳しく「ミトコア300mg」について知りたいなら!

こちら→「なぜミトコア300mgが40代の妊活サプリに選ばれるのか?」





このページの先頭へ