不妊の原因は大きく分けると、女性に原因がある場合、男性に原因がある場合、男女共に原因がある場合となります。

女性の原因としては、排卵障害、卵管因子、子宮因子、子宮内膜症、年齢因子などがあります。

男性の原因としては、特発性造精機能障害、精路通過障害、性機能障害などがあります。

各症状によって、治療方法は変わります。

では、不妊治療における妊娠の確率はどうでしょう。

妊娠の確率も、症状と同じで、治療方法によって変わってきますし、年齢によっても変わってきます。

そこで、不妊治療の最新の妊娠成功率について調べましたのでお話します。


<目次>

・不妊治療はいつから始めれば妊娠の成功率高いの?

・不妊治療で妊娠の成功率が高い治療法とは?

・40代からの不妊治療で妊娠の成功率を上げる方法!

 

不妊治療はいつから始めれば妊娠の成功率高いの?

不妊治療は、いつから始めたらいいのかわからない?そんな方が大半でしょう。世間では「赤ちゃんがほしくなったら始めればいい」といいますが、それでは遅いというのが専門家の意見です。理由は、年齢を重ねるほど、卵巣は老化していき、妊娠できるの能力が低下していくからだそうです。では、不妊治療はいつから始めればいいか?また、成功率が高い年齢はいくつなのかについてお話します。

→「不妊治療はいつから始めれば妊娠の成功率高いの?」の続きを読む

不妊治療で妊娠の成功率が高い治療法とは?

日本は、不妊治療を受けている患者数が世界第1位って知っていましたか?しかし、その治療による出産率が世界最下位なのです。日本における不妊治療は、まだ歴史が浅く、世界に比べて進んでいるとはいえません。そこで、日本における妊娠率が高い治療法はどれなんでしょう。では、どの治療法が妊娠の成功率が高いのでしょう。そこで、妊娠の成功率が高い不妊治療法について調べましたのでお話します。

→「不妊治療で妊娠の成功率が高い治療法とは?」の続きを読む

40代からの不妊治療で妊娠の成功率を上げる方法!

厚生労働省の人口動態統計によると、第1子出産の平均年齢は30.6歳だそうです。さらに、40~44歳女性が産んだ子供の数は、1995年に1万2472人。約20年後の2014年には4万9606人と、ほぼ4倍になっています。これまで40代の出産といえば、出産経験のある女性が多かったのですが、最近は40代で1人目を産む人も増えています。しかし、40代の妊娠はとても大変で、不妊治療を受けて出産されている方も大勢います。そこで、40代からの不妊治療で、妊娠の成功率を上げる方法について調べましたのでお話します。

→「40代からの不妊治療で妊娠の成功率を上げる方法!」の続きを読む





このページの先頭へ